トライアル雇用

トライアル雇用とは?

トライアル雇用とは,知識・技能・経験等、
就職が困難な状態の求職者を、一定期間試行雇用することによって、
技能の適正や業務の遂行が可能なのかを見極め、求職者と求人者の
相互理解を促進する雇用方法です。
早期就職の実現、雇用機会の創出等を図る事を主な目的としています。

トライアル雇用のしくみ

トライアル採用は、就労の為トライアル雇用を経ることが妥当な労働者を、
ハローワーク側が企業側に紹介し、企業側がそれを受けるところから始まります。
 

企業側は、雇い入れ日から2週間以内に労働者と企業側が話し合いが行われ、
合意を得た上で、企業側からハローワーク側にトライアル雇用計画書が提出されます。

トライアル雇用というものは、企業に本採用を必ず義務付けるものではありません。
本採用を前提とした雇用方法であることを理解して、
できる限り本採用へ努力してほしいという目的の雇用なのです。。

 

適性や能力等の理由によって本採用が難しいと判断された場合には、
トライアル雇用期間で終了することも、もちろんあります。

 

トライアル雇用という最大のメリットというものは、
労働者の業務遂行能力等の、面接や試験だけではわからない点を、
実際の業務の中で見極めて判断出来るという点です。

 

このようなメリットが、労働者を採用する基準を大きく引き下げます。

トライアル雇用実施期間中というのは、労働者一人につき
最長で三ヶ月間の間、企業側に奨励金が支給されるという点で、
雇い入れ側の負担もある程度軽減されます。

 

また企業側だけではなく労働者側にとってもメリットがあり、
企業の風土の把握、業務内容を正式に入社する前に判断出来るというメリットがあります。

check

プチギフト お菓子

Last update:2017/7/13

Copyright 2008 (C) 雇用の基礎知識 All Rights Reserved.